盲導犬・聴導犬・介助犬に関わるボランティア


犬は人を癒す存在だけでなく、視聴覚者やいろいろな人を助ける大変素晴らしい役割を果たしています。
しかし、そうゆうひとを助ける事が出来る為には、沢山の訓練と沢山のボランティアに支えられて活躍出来る
ようになるのです。

盲導犬を育てる為には、まず盲導犬の両親となる優秀な犬探しから始まります。優秀な両親を見つけた
その後「繁殖ボランティア」の元で、子犬を何回か出産します。
産まれた子犬は生後2ヶ月頃から一年間程、人間との信頼関係や子犬の社会性を養って貰う為に「飼育ボランティア」
の元で愛情を沢山貰いながら育ちます。その時は特別な訓練はせず、のびのび育ててもらいます。
これは、介護犬・聴導犬もおなじですね。

その後、盲導犬としての適正を受け、その後沢山の訓練を受けます。
そして盲導犬として、視覚障害者の為に一生懸命働くのです。
でも、盲導犬にも限界があり、引退した盲導犬を自宅に引き取り、最後まで世話をするボランティアもあります。
ごくまれに、里親宅に引きとられる事もあります。


盲導犬のほかに聴導犬(ヒアリングドッグ)を育てるボランティアもあります。
聴導犬は、聴覚障害者や耳の遠くなったお年寄りの変わりに耳となって生活を支えて行くのが
お仕事です。玄関のチャイム・ファックスなど日常に私達が生活するにおいて必要不可欠な音を
介助犬が認識して教えてくれます。
一歳までの育て方は盲導犬とどうようですが1つ、違う所は色々な人たちに慣れて貰うためにいくつかの
家庭を回らなければなりません。
その後、聴導犬としての訓練をし、無償で貸与をする活動をしています。
まだ、聴導犬は日本では10頭もいません。その為に聴導犬を育てる為に募金活動などいろいろな
活動をしています。

身体に障害をもつ人の生活を助ける犬には介助犬(サービスドッグ)があります。
介助犬は、障害を持つ人の身の回りの世話や精神的にも主人を助けるす犬を育成するボランティア団体です。
買い物を手伝ったり・冷蔵庫を開けたりなど生活全般で協力してくれます。

日本では、「身体障害者補助犬法」という法律が2002年にやっと施行され法律で「働く犬」として認められました。
法律が認められたお陰で、法的には身体障害者が補助犬(盲導犬・聴導犬・介助犬)を連れ、社会参加が出来るなったのですが
法律があるということを知らない人もまだまだ多くいます。それを教えてあげるのも1つのボランティア活動となりますね。


中国語 台湾語 英語 日本語が話せます。将来に利用できるお仕事は何がありますか?...
中国語 台湾語 英語 日本語が話せます。将来に利用できるお仕事は何がありますか?通訳や訳本にはなりたくありません。(続きを読む)

手話通訳制度?
・・・会話ができる位ですが地域ボランティアをしている関係で、通訳の依頼が来たりします。お断りする時に「通訳ではないので」と説明しても「会話が出来るのだから」と地域の方は納得していただけません。通訳制度を詳しく説明すると....(続きを読む)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。