地域づくりのボランティア


最近は街の開発化や地域の活性化などの為に、自然環境や歴史的見物が壊されているのが
現状です。
現在までの街づくりは、ほとんどが行政指導で進められてきました。
街づくりが全てわの地域住民に住み易い環境を作ったとは限らないし、実際地域住民とのトラブルは良く
耳にします。
自分の住み易い街ではないのにその上、自分の住む地域の自然などが壊されていくのは嫌ですね。
それを無くし、住みよい街づくりをする為にいろいろな人達が活躍し、住む地域を愛着の持てる素敵な街にするのに頑張っています。


市民のヒーローと言えば「市民オンブズマン」です。
市民オンブズマンとは、架空出張で経費を請求したり、自治体の支出などについての
商法公開の請求、公開資料を基に不正の審査など社会を変えて行く為に頑張っています。
少し特殊な活動かもしれませんが、この活動のお陰で改善された地域も少なくないとおもいます。

また、皆さんの街でも良くみかけるボランティアなら、街のごみ拾いや緑や花を植えて地域の緑化を進めたり、
高齢者や身体障害者の為にも住みよい街にする為に福祉マップの作成、福祉タクシーなど色々な場面で活躍
しています。自然環境の保護の為に活動資金で自然の残る土地や歴史的建造物を買占め、ボランティア活動
で自然を守りながらそれを維持・管理する団体やトラスト運動を展開している団体・街を良くするアイディアを募ったり、
それを実現し働きかける団体。沢山の人々が様々な活動をして、自分や街の人にとっての住みよい街づくり
を目指しています。

地域に住んでるのはあなた自身です。ただ自分の好きな地域が失われるのを見ていくだけでなく
地域のボランティアに参加して下さいね。
そうする事によって住民同士のコミニュケーションも深まり結束も固くなるかもしれませんね。


最近の電車のマナーについて (文がすごく長いので時間があるかたのみ見てください...
最近の電車のマナーについて (文がすごく長いので時間があるかたのみ見てください。)年越し・お正月を過ぎても、マナーが悪い人がいて新年早々嫌な気分になります。ディズニーのカウントダウンでも、平気で大きい荷物を座席においている2人を見て、すぐに注意をしましたが、直そうとしません。しかも、カウントダウンパーティの参加者だったことでした。私としても、マナーが悪い方がいると、すぐに注意しますが、逆切れする人もいれば寝たふりをしている方もいます。私にとっては、このような方はすごく困りますし、ほかの方にも迷惑というのを自覚されてないのでしょうか?私にとっては、各線にて、お客があまり乗らない場合は、使える車両を減らすか、法律を作り、各車両に見張りを設ける。さらに、マナーポイントを設ける。(0になった場合更正教育にいかなければならない)対象者 小学生1年から亡くなるまでもし、平気で荷物を置いていた場合→1回目 警告 2回目 罰金荷物の場合 罰金小物・紙袋(小)→5000円+マナーポイント ー1点中物・紙袋 (中)→1万円+マナーポイント −2点大物・紙袋(大)→3万円+マナーポイント −4点(罰金は子供・大人問わず。子供の場合は、親の口座から引き出される。)通話の場合1回→罰金5000円+マナーポイントー2点2回→罰金1万5000円+マナーポイントー4点3回→罰金3万円+マナーポイント−6点持ち点は1人20ポイントポイントプラスは、ボランディアにて、1時間2〜3ポイント上限は30ポイントまで知的障害者は特例を設ける。(見張り委員が荷物をどかす権利を持つ。)ただし、パネルを見せてからどかすポイントは半分とする。(持ち点10ポイント)上限15ポイント ボランディアは何時間でも+5ポイントただし、0ポイントになった場合、ボランディアに参加することでOKこのような法律があれば、いいと思います。とはいっても、マナーを強制的に直らすというのは自分にとっては嫌な感じになってしまいます。私なりにいろいろ考えましたが、結局はこの方法しかないと思ってます。皆さんはどう思いますか?(続きを読む)

語学のボランティア団体を知りませんか
・・・外国人に日本語を教えるというのではなく、相談にのったり等のボランティア団体はないでしょうか。希望が中国語なので、多言語を取り扱っているところが良いです。よろしくお願いいたします。....(続きを読む)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。