子育て支援のボランティアを探す


最近は物騒な事件が増えたせいもあって、子供を自由に遊ばせてあげられない、または子ども自身が遊びたがらず学校から帰っても家の中に居る子供が増えてきました。

子どもを自由にのびのびと遊ばせたい、異なる年齢の子どもたちと一緒にたくさんの経験をさせたいと思ったら「プレーパーク」を利用してみましょう。
同じ悩みが判る母親、大学生や地域の人たちがボランティアで、子どもたちの自由な遊びを手助けし「プレーリーダー」と して子どもたちを見守ってくれます。
プレーパークとは、子どもたちが自分の責任で遊ぶ、をスローガンとしている冒険的遊び場です。大きな公園の一角などをプレーパークとして開放し、工作や水遊び、木登りなど各プレーパークで様々な遊びを教えてくれるています。
学生などで、もしやってプレーリーダーになってみたい方がいたら募集している地域もあるので確認してみると良いですね。

母親は、仕事と育児の両立には限界があり、またふたり目の出産などで、まだ上の子の年が幼く育児の手伝いが必要な場合は多いです。
そんなときには保育園への送迎、学童保育のお迎えなどをしてくれる、
また、一時的に子どもを預かったり、「保育ボランティア」を利用してみましょう。
放課後の小学生の子どもたちを預かる「学童保育ボランティア」もあります。
仕事で家にいる時間が少なく子どもに構う時間が少ない人は、なるべく子どもに寂しい思いなるべくさせないように保育ボランティアを活用するとよいでしょう。


そして不登校は家族だけでは解決できない場合が多いです。
家に引きこもっていたら解決もままならない上に社会性が身につきません。
しかし、子どもの性格にあったスクールを見つけてあげたいですね。
不登校で悩む子どもたちの為に「フリースクール」とゆう学校があります。フリースクールでは子どもたちの自主性を第一に考えると同時に、勉強や野外活動、レクリエーションを行ったり。スクールによってレクリエーション・交流に重点を置くスクールや小・中学校のカリキュラムに準じた補修に力を入れているところもあります。
子供自身のテンポでやっていけるし、同じ悩みをもった子が沢山いるので通わせてみてあげるのも不登校を解決出来る第一歩ですね。

また親の為には、同じ不登校児をもつ「親の会」や相談相手になっているグループに相談することも出来ます。

どの親も子供はすくすく元気に育っていって欲しいと思います。
しかし、その為に親が無理してしまうのも逆に子供を苦しめるかもしれません。ボランティアを気軽に利用しつつ子供とのコミニュケーションをとってくださいね。


治験バイトと扶養控除について質問です。治験の仕事でもらえる、ボランティア代と...
治験バイトと扶養控除について質問です。治験の仕事でもらえる、ボランティア代というのは課税対象になるのでしょうか?バイトで103万以内で稼いで、治験で稼げば扶養を外さずに稼げるのかなと思ってます。調べてみましたがどこにも記載されていませんでした。詳しい方よろしくお願いします。(続きを読む)

すぐに治験ボランティアをやりたい!
・・・今月、治験ボランティアを始めて受けました。思った程苦痛もなく、無事に終了しました。最終日に病院の担当の方が「次回のボランティアは必ず間を3ヶ月あけてください。」と言われましたが、私としては来月にでもやりたいのです。どなた....(続きを読む)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。