高齢者・障がい者の役に立ちたい人のボランティア活動


ボランティア活動に励みたい方は、高齢者や障がい者のニーズを知ることが
大事なボランティア活動といえます。

「バリアフリーの社会を!」という言葉をよく耳にしますね。つまり老人や、
障害者も、なるべく世間との障壁に邪魔をされずに快適に暮らしていける世界のことを表しています。

障害がある人はひとりでの外出は、危険がいっぱいです。
駅の階段や歩道の段差、信号、バスの乗降など、介助者や介助犬の手が必要な場面が多く、
出かける機会を制限されてしまい、行きたい場所にもなかなか行けない事が多く残念な思いをしています。

そこで、「移送ボランティア」が大変活躍しています。
移送ボランティアとは、自宅から目的地まで車で送迎し、車の乗降を手伝い、
移動中の会話などを通してお互いの交流も生まれます。
「移送ボランティア」のお陰で行動範囲も広がるので今まで行きたかった、好き
な場所で、買い物や遠くに住む友達や家族にも会いにいけますね。

また、視覚障がい者と一緒に街に出かけ、音響式信号機や点字ブロックの使いごこちを
確認して貰い、改善点があれば関係機関に報告し、バリアフリーな街づくりを推進し
ているボランティアもあります。

年をとったり、自分の身体に自由が利かなくなると、気持ちが沈み、外に出る回数も少なくなり、身だし
なみにも構わなくなってしまいがちです。
気持ちが沈んでしまうと人間は皆、周囲に心を閉ざしてしまう事が良くあります。

そこで「ビューティーケア」とゆうボランティア活動があります。
長期入院中の患者やお年寄りを訪問して手や首、顔面マッサージをしたり
、女性には簡単なお化粧をし、憂鬱な療養生活に活気を取り戻してもらう活動です。
当然基礎的な技術や知識を身につけておくことが必要となりますが、相手の嬉しそうな
顔をみると頑張ったかいがあったと感じるはずです。
誰だって綺麗になるのは楽しい事ですよね。
マッサージやお化粧などスキンシップをする事でリラックスしてもらい頑なな心を解きほぐす

障壁となるものを見極めて、現在あなたが必要とされている手助けをするのがボランティアです。


コムスンの介護保険虚偽申請問題ーー高齢者の増加で介護保険の本体がひっ迫しつつ...
コムスンの介護保険虚偽申請問題ーー高齢者の増加で介護保険の本体がひっ迫しつつ有る時世に このような不正は絶対に許されるべきではない と思います。もはや時代は利益追求型の介護施設で有っては駄目なのではと おもいますが−−、 高齢でも健康な人たちも沢山おられ 又ボランティア精神の方もかなり大勢お見えですから これ等の方達にも お願いしながら 経費の増加を少しでも抑えるようにしたら と思います。従ってコムスンの場合は いかなる理由や弁解があろうとも 永久的に認可をするべきではないと思いますが。 今後同じような事案が起きない為にも厳しく対応したいものですがーー如何なもの(続きを読む)

軽度発達障害児の親の会が行う「親子遊びの会」の保険
・・・活動している親子遊びの会で、参加する親子とボランティアさん(合計毎回20人程度)が活動中に怪我をした場合に備えて、保険をかけることを検討しています。行事保険やボランティア保険、団体保険などがあるようなのですが、療育で経済的に....(続きを読む)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。