高齢者・障がい者のお世話をするボランティア


障がいを持った人を抱える家族に休息を取る時間を提供し、日頃の溜まったストレスなどを少しでも回復できるように
援助している団体があります。
医療ケアが必要な場合が多いため、看護師の資格をもつ方や障がい者の介護の経験者におすすめします。
活動は無資格ですが、障害をもった人を支えるのは、並大抵の努力が必要だと思います。
出来る範囲で、キャリアを生かしてボランティアに協力するのも介護の一環となりますよ。

家庭で介護を受けている高齢者を一時的に預かり、家族の人に時間を作ってあげる「在老」を行う団体があります。
最近では多くの病院や老人ホームが行っています。
老人ホームなどに入所させずたくないが、家庭で介護するのは、大変と思っている家族には「在老」が適しています。
高齢者と家族の暮らしを尊重しつつ、手助けが必要な家庭に介護・家事援助サービスを行っています。、
また、高齢者介護をする団体は、介護・家事援助の他に体操・合唱・趣味・リハビリなどの参加を呼びかけ
高齢者の生きがい作りを手助けしています。

最近では高校の実習などで社会学習で障害者と触れ合う機会も増え、介護師も増えてきました。
しかし、介護保険の限度額は少なく、老人ホームや民間の介護施設を利用してしまうと、
介護保険では賄えない程の金額がかかってしまいます。
そういった現状の中で、家庭で介護を行う人が増えましたが、ストレスなどが溜まってしまい家族
が身体を壊したといった話や、介護疲れで殺人を犯してしまったといったう話がニュースやドラマ
などでよく聞こえてきます。
現在介護に関するボランティアの募集は多いです。高齢者や障がい者のお世話をするボランティアは資格を持った
人でないといけませんが、皆さんにはその資格者達や家族の手助けになるように無理をせず自分が出来る事を責任を持ってする
事が大切です。高齢者や障害者のボランティアは介護だけでなく、お年寄りや介護者の話し相手になるのも重要な役割です。


韓国は障害者福祉が劣悪だと聞きました。障害者たちが置かれている環境はどんなも...
韓国は障害者福祉が劣悪だと聞きました。障害者たちが置かれている環境はどんなものなのでしょうか?詳しく教えてください。(続きを読む)

障害児と接するボランティア
・・・することができるボランティアはありますか?自分が進む道はたぶん、医療や福祉です。でも進む方向はわかっても具体的な仕事がまだわかりません いろんな経験をつんで、自分が納得できて、やりがいを見出せる職業を見つけて福祉に貢献したいので....(続きを読む)


インタビュー/平成19年度地域づくり総務大臣表彰を受賞した奈良 克久さん
週刊アキタ
そこで平成16年4月に、当事者や家族、市民ボランティアが60人集まり『福祉のまちづくり会』を立ち上げ勉強会を始めました。ワーキングは福祉店舗、配食、移動介助 ...(続きを読む)



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。