芸術・文化活動に関するボランティア活動


ボランティア活動は災害救助や海外ボランティア・寄付だけではなく芸術や文化の面でも活躍しています。

遺跡の発掘や調査は学者やその専門の人達だけでなくここでも、ボランティアの人が多数活躍しています。
考古学が好きな人にはたまらないボランティアですね。

海外への発掘調査の募集はインターネット上のホームページや博物館のお知らせなどが主です。
しかし、交通費、滞在中の費用や保険料などはボランティアなのでもちろん自腹であり、英語で話せる事が重要です。
世界中から考古学が好きな人達が集まってくるので、好きな話題で盛り上がる楽しさがあり、他の国
の情報も聞くことが出来るので勉強にもなるので前もって予約をしておかないといっぱいになってしまう事が良く
あるそうです。
年齢は13歳以上から可能ですが保護者の同意が必要です。

国内の発掘調査の募集は、インターネット上は勿論ですが、新聞、博物館のお知らせや遺跡のある自治体の広報紙、
などに掲載されている事がおおいです。
海外のボランティアよりは多く掲載されているので、自分が参加できそうな調査を普段からマメにチェックしておくといいですね。
また、遺跡の発掘は数ヶ月間かかる所が多いので、どれくらいの回数・時間なら出来るかということも考えておいて下さい。
時間がない学生などは夏休みなどを、利用してボランティア活動をするのもいいと思います。
遺跡関係のボランティアは他にも遺跡や博物館の案内人なども募集しています。
年齢は15歳以上から募集可能ですが、体験発掘なども行っている所も多いですよ。

他にも音楽ボランティアや美術館ボランティアなどもあります。
音楽ボランティアは、障害者施設や老人ホームや病院など音楽会になかなか行けない人たちの為に
訪問コンサートをしたり、ホールなどを貸しきって障害者や家族・介護者など周りの人達を招いてコンサート
を無償で開いている団体です。

また、美術ボランティアは、美術館内を案内するボランティアですが、多くの美術館は活動を行う
前に美術に関する受講を義務づけています。好きな人には専門的な事が無料で学習できるので楽しいかも
しれませんね。


ボランティア活動には、自主的に個人参加する場合とNPOなどの団体に登録して参加す...
ボランティア活動には、自主的に個人参加する場合とNPOなどの団体に登録して参加する場合があると思いますが、活動中の傷病について、労災に相当する保障のような物は有るのですか?また、自主&個人参加の場合に個人向けのボランティア保険のような物は有りますか?(続きを読む)

児童養護施設の設立や就職について
・・・児童養護施設(事情があって親元を離れて暮らす子供達を育てる施設という意味でお願い致します)について初歩的な質問をさせて頂きます。1,民間で児童養護施設を運営されている団体はあるのでしょうか?もしあると....(続きを読む)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。