学校ボランティア


学校ボランティアは、子どもたちが学校生活を明るく元気にすごせるように、学校の活動を支援するための組織です。
始まりは、学校長の呼びかけに地域の方や保護者が応えるように始まったのが最初です。
しかし、保護者や地域の方が無理をしないように「やるれる人、やれること、やる時にやれるだけ」を提供して
協力し様々な活動を進めています。

内容は休み時間や自習を利用して子供達に本を読み聞かせたり、図書室内の本の整理や補修、返却本を棚に戻す作業
司書の先生を相談し図書室の改良活動を行ったりする、図書ボランティア
空き缶つぶしや除草作業ボランティア・トイレ清掃作業や落ち葉掃除のボランティアなど
学校周辺の歩道に花壇を整備したり、活動を行う環境美化ボランティア。

学習ボランティアは、技能や経験を活かし、ゲストティーチャーとして授業に参加してもらう活動が主で、また教育大学など
活動を放課後の時間に行われた自習活動の補助として参加や小・中学生の自習サポート野外活動の補助
いろいろな科目でプリントの丸付けなどを行っているようです。


最近は不審者や幼児虐待など、幼児童が犠牲になるニュースが増えてきました。
その為に地域における児童の被害を防いだり、不審者から子供達を守る安全・防犯ボランティア
その他にも交通安全の為の声かけ実施や児童の安全を確保しています。

学校ボランティアは子供達が元気に過ごせるだけでなく、地域と子供達を身近にするので、子供達が
素晴らしい環境になると思います。


「自己PR」「学生時代に最も力を入れたこと」の内容について
「自己PR」「学生時代に最も力を入れたこと」の内容について前回も質問させて頂いたのですが、、、あまり自分の中でシックリ来なかったので、再度質問さてせ頂きました。(内容は全く一緒ではありません)今、自己PRを書いているのですが、ちょっと困っています。というのは、周りの人たちは何か題材を1つ取り出して、それに対して自分が何を学び得たかを書いているんですが私は大学生活がとても充実していた為、取り上げたい題材が選べないのです。・3週間に渡る短期留学(2回)⇒実行力、積極性、始めから最後まで自分で全てやり遂げたこと、など・短期間の国際ボランティアに参加⇒一緒に参加した見知らぬ人たちとの協調性、いろんな人たちに出会い視野が広がったこと、など・スポーツクラブで小学生の指導員⇒責任感、指導する立場ならではの悩み(皆をまとめることや、一人一人を尊重しなければいけないこと、指導力など)を解決に向け実際に行動していったこと、など抽象的な文章で解りづらくて申し訳ありません。どれも自分の成長に関わったことであり、その存在も大きいのです。★自己PRでは、上記のやりたいと思ったことへの実行力または物事に対しての積極性をアピールしたいなと思っていて、「こういうことや、こういうことや、こういうことを自分の力で実行させた」という風に書こうと思っていたのですが、全て書くと説得力が無くなるとのアドバイスを頂きまして、どうしたら良いか分からなくなってしまいました。どれか一つに選んだとして、「実行力があります」と言った場合、説得力が無くなるような気がするのですが、違いますか?★それから、自己PRと学生時代に力を入れたことが同じような感じになってしまったのですが、やはり違うことを書くべきですよね?★短期留学(2回)とありますが、英語が出来るとは決して言えません・・・。(克服のために行ったのですが)これは書かない方が無難だったりするんでしょうか? 現地で学んだことは(英語だけでなく)あるのですが。ある企業では、100文字以内で自己PRを書きなさいなどあり、更に困っています。。。どうか、助言を頂けましたら嬉しいです!!宜しくお願い致します。。(続きを読む)

文化活動の欄について
・・・悩んでいます。私はクラブ活動もスポーツも、何もやっていないので、書くなら「文化活動」かな?と思ったのですが、一体文化活動とは、どういう活動の事なのかわかりません。ボランティア等の事でしょうか?どなたかわか....(続きを読む)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。